Diary

新サイト Love-Nature.me  開設 通信添削も始めました

電子書籍4冊発売中




12月4日(土)


近所の池を見ていたら、水鳥の姿は例年よりも少なくて、ちょっと寂しい感じ
でした。他でもそんな話が聞こえてきていて、心配になります。1羽だけいた
ハクチョウは人を見ると寄ってきて、餌が欲しいのか寂しいのか分からなかっ
たのですが、なにか言いたそうでした。いきものと話ができればもっと世界が
広がると思うのですが、難しいですよね・・・              



12月3日(金)


すごい風雨でした。日中は雷も鳴って、突然の停電。先日から続けていたDVDのバッ
クアップ作業をしていたときで、雷が光ったと思ったら次の瞬間には電源が落ちていま
した。こんな天候のなか、野生動物はどうやってしのいでいるのでしょうね。このタン
チョウは雨が降り出す前の状態ですが、そろそろ給餌場に集まる時期となっているのか
たくさん集まっているタンチョウを追い払って、自分の縄張りを確保したちょっと自慢
げな表情をしています。                            



12月2日(木)


平地は雪も融けてしまった感じがしますが、標高の高いところでは沢沿いに氷の姿
も見られるようになっていました。日中の気温も3℃程度とかなり下がっていたの
で山の方は真冬日だったかもしれません。とはいえ、いままではもっと冷えていた
ように思うので、ちょっと物足りない感じです。明日も雨予報となっていて、暖か
くなってしまいそうです。                         



12月1日(水)


雨はそれほどでもなかったですが、一日中ずっと風が強くて撮影には不向きな天候
でした。ちょっとだけ近所で濡れながら撮影していましたが、レンズを上に向ける
のは無理だったので、足下をチェック。スギゴケが生えているところにドングリが
落ちていて、暖かい日があるせいかすでに芽を出そうとしているものもあって、そ
の赤い色が印象的でした。                         



11月30日(火)


あっという間に11月も終わりですね。冷えたり暖かくなったりを繰り返していて
季節感がイマイチ統一できないでいます。今朝も春のようななんとなく暖かい感
じで気合いも入らず、フィールドの様子を見てまわっていました。この時期は北
海道よりも本州の方がいろいろな被写体をみつけやすいですね。今年も動きにく
い感じだったので大人しくしていますが、気にせず動きたいものです。    



11月29日(月)


今朝はマイナス8℃といい感じでしたが、日の出のあとにすぐ雲が広がってきて
なかなかゆっくりと撮らせてもらえない天気でした。午前中は雪のあるところを
まわってきて、午後は自宅で事務仕事などしていましたが、夕方になって焼けそ
うな感じになってきたので、慌てて出動しました。このあとも赤くなってきれい
でしたよ。でも、日中に青空広がって欲しいなぁ。             



11月28日(日)


昨夜積もった雪を青空のなかで撮影できるつもりでいたのですが、大外れで自宅
のあたりはたいして積もらず地面が白くなった程度。木にもしっかり積もったエ
リアでは日中もパラパラと降っていて光がなく、イメージしていた感じの撮影は
できませんでした。途中の路面もけっこう怖い状態で、明日になれば確実にツル
ツルになりそうです。明日はほんとうに気をつけないと・・・