Diary

新サイト Love-Nature.me  開設 通信添削も始めました

電子書籍4冊発売中 



12月9日(金)


給餌場もシーズンになりましたね。朝からそれなりの数のタンチョウが集まっ
てくるようになりました。ただ、鳥インフルエンザ対応で午後は給餌していな
いということで、昼頃にはタンチョウの姿もなくなってしまいます。雪はまだ
積もっていませんが、霜が降りている間は地面も白くなっていてなかなかきれ
いでした。雪はまだ積もりそうにないので、もうすこし湿気が残っていて欲し
いところですね。                           



12月8日(木)


日中も気温が低くなり、陽射しがありがたく感じられる季節になりました。
ちょっと雲がでて陽射しが遮られると寒くなりますから、体感的にはかなり
違います。いきものにとってもこの陽射しは貴重なぬくもりといえると思い
ますね。このエゾリスも、陽射しを浴びて気持ちよさそうにしていました。
冬眠しないいきものですから、太陽のありがたさは誰よりも知っているのだ
と思います。                            



12月7日(水)


満月に近い月が昇ってくるので期待して摩周湖に夕方向かってみたのですが
摩周岳の上にちょっとだけ姿を見せてくれたあとは、雲のなかに隠れてしま
いました。空を見ればおおかた晴れていたのですけど、風があったために山
のあたりは雲が湧いてしまったようですね。朝日・夕陽なら翌日に再挑戦も
できますが、月の場合は一ヶ月先。なかなか難しいものです。      



12月6日(火)


朝の景色もきれいでしたし、そろそろタンチョウもシーズンに入った感じが
します。夕方は屈斜路湖の方でハクチョウを見ていました。こちらもレギュ
ラーメンバーが揃ってきたのか、落ち着いた感じがしますね。あとは冷え込
んで雪が降ってくれれば動きも安定するでしょうか。といってもしばらくま
とまった雪は降らないみたいなので、まだ試行錯誤が続きますね。    



12月5日(月)


空気に湿度が加わったおかげで、朝はとてもきれいな景色を楽しむことがで
きました。久しぶりにきちんと霧氷がついていましたし、朝日に染まってき
れいでした。ちょっとでしたがダイヤモンドダストも出ていて、キラキラと
輝いていました。もう少し規模が大きくなるとサンピラーとして見えるはず
ですが、そこまでにはならなかったです。               



12月4日(日)


このところ朝は冷えても霧氷もつかない感じでしたが、昨夜の雨のおかげで
今朝はけっこうついていました。ただ雲があって朝日は見られない感じだっ
たので、今シーズン初の音羽橋を見に行ってみました。ちょっと遅めの到着
でしたが、ちょうど良い感じに飛び立ってくれて、待ち時間なしで撮影でき
た感じです。飛び立ったタンチョウは給餌場ではなく近所の畑に集まってい
て、給餌場で撮れるのはまだまだ先になりそうした。          



12月3日(土)


冷え込みが続いて、川の氷が一気に育っています。昨日撮影したところでは
岩についていた氷が大きくなって流れ全体が凍りついてしまっていました。
このくらい冷えていると、滝の方も凍っているかもしれないですね。今夜は
ちょっと雨が降る予報なので、これが雪になってしまうと氷の上に積もって
氷がダメになってしまいます。贅沢な悩みですが、降らないで欲しいです。