Diary

新サイト Love-Nature.me  開設 通信添削も始めました

電子書籍4冊発売中

8月21日 春国岱をじっくり撮影する勉強会 募 集中   



8月9日(火)


今日も風景はパッとせず、林道に入って何かないかと探し回っていました。空
き地に増えているアメリカオニアザミはこの時期虫たちの貴重な蜜源となって
いて、チョウも良く集まってくるのですが、今日はハナカミキリの姿がたくさ
んありました。そろそろミヤマカラスアゲハも集まってくる時期なので、また
見に行ってみたいと思います。                     



8月8日(月)


天気はすっきりしないのですが、これといった花もない時期なのでヒマワリ畑
を見に行ってみました。一週間ほど前は咲き始めだったのですが、だいぶ花が
開いていて、もう少しで見頃といえる状態になりそうです。今シーズンは日照
が少ないので、どこで花を見ても小さくて元気がない感じがします。これほど
天気がすっきりしないのは、はじめての気がします。このまま夏が終わってし
まうのだとしたら、寂しいですね。                   



8月7日(日)


朝のうちは雨が残っていたので、コケなどがきれいではないかと森を歩いてみ
ましたが、思っていたほどシットリしていなくて、イメージとはちょっと違う
感じでした。それでも川沿いでは苔むした倒木などもあってきれいでしたね。
うっすらと光でも射してくれれば木漏れ日も入ってまた違う雰囲気になったこ
とだと思いますが、うまくいかないです。山の上は雲のなかでしたから、登る
気にもならないんですよね。                      



8月6日(土)


久しぶりに朝の景色を撮影しようと思ったのですが、予想していたよりも雲が
多くて、ちょっとの時間しか撮影できませんでした。このあとは雲がしっかり
かかって真っ白に・・・。下に雲海でも広がっていれば、場所を移動して撮影
したのですが、下はふつうに晴れていました。かといって、定番のポイントで
は同じ写真にしかならないので、やはり、ちょっとずつ工夫してとるしかない
ところですよね。                           



8月5日(金)


晴れているエリアへ足を伸ばしてみたものの、これといった被写体を見つける
こともできず、夕方になってしまいました。毎年見に行く木に寄ってみたら、
コクワガタが遊んでくれました。数匹の姿が見えたので、無事に過ごしている
ようです。まだミヤマクワガタの雄を見ていないので、今度は積極的に探して
みようと思います。                          



8月4日(木)


午後から晴れるという予報もしっかりと外れて、一日曇天となってしまいま
した。そろそろ風景も撮影したいと思っていたのに、残念です。しかたなく
うつむいて歩いていると、切り株からみずみずしいキノコが出てきていまし
た。けっこう小さくてかわいかったですよ。暗いときはこんなふうに動かな
いでいてくれる被写体があると楽ですね(笑)             



8月3日(水)


雨があがったかなと思って出かけたら、また降られてしまいました。降ると
きはしっかりなので、これは車の中から撮影。カシラダカが子育てをしてい
るところで、たくさんのアオムシを咥えて巣で待っている雛に与えていまし
た。親が帰ってくると、一瞬巣がにぎやかになってたくさんの雛が育ってい
るのが分かりました。変な天気続きですが、無事に育って欲しいです。