Diary

2018年カレンダー「いのちの景色 タンチョウ物語」発売中

電子書籍4冊発売中

冬の道東撮影ツアー 募集中

2018年1月の道東フォトスクール

マクロと望遠撮影を学ぶ勉強会



12月15日(金)

屈斜路湖で羽根に怪我をしているハクチョウがいました。キツネなどに襲われ
たのか電線にぶつかったのか分かりませんが、出血していて羽根があがらない
ようでした。骨折していなければ自然の生命力で回復すると思うのですが、ち
ょっと気になります。しばらくしたら元気になったという報告ができることを
期待しています。                           


12月14日(木)

今年は雪が多いですね。今朝もしっかり雪が降って除雪をしてから出動と
なりました。3年前は年末までに雪が降ってくれたらいいねぇと言ってい
たのですが、今シーズンは雪が多すぎるのではと心配しているくらいにな
っています。給餌の量が減っているので、幼鳥の面倒を見られない親も多
いように感じていて、自然は厳しいように思いました。        


12月13日(水)

風が強く寒い一日でした。エリアによっては吹雪いていたようで、そんな
ところに行かなくて良かったです。道路のほうも、日中はさらに磨きがか
かって凍っているところはツルツルになっています。また雪が降るという
ことなのですが、明日はもっと怖い状態になっているかもしれませんので
注意して撮影に出たいと思います。                 


12月12日(火)

森で出会ったエゾリス。立ち上がってこちらを振り向き、何か用??ってとこ
ろでしょうか。すっかり冬毛に名手いるのでふっくらしてかわいらしいです
よね。いつもよりはやくしっかり雪が積もってしまったので、食べ物を探す
のが大変だと思います。まだまだ冬はこれからですから、元気に冬を乗り切
って欲しいと思います。                       


12月11日(月)

湿原の中もだいぶ雪が積もって白くなっています。昼前に見に行ったら、エ
ゾシカがのんびりと座り込んでいました。先日までに比べたら、雪が降った
といってもかなり暖かく、気分的にも楽なのでしょうか。カメラを構えてち
ょっと近づいても知らんぷりだったので、何も悪いことはしないと安心して
いてくれたのだと思いますが、あまり人を怖がらないのも問題で、そのうち
タグとか発信機をつけられてしまうのではと気になりました。      


12月10日(日)

いつもより早い冬がやってきてしまったので、今日もタンチョウを見に行って
しまいました。朝からなかなかいいシーンが広がっていて、今シーズンはずい
ぶんいい出会いがあるのではと期待しています。最近のタンチョウは気温が低
いと足をまげて飛ぶので根性がないといわれますが、飛行中のバランスをとる
ためには伸ばしていたほうが有利なはず。むしろ足を伸ばさなくてもきちんと
バランスをとって飛べるように進化したのでは?と思っています。     


12月9日(土)

12月初旬というのに、もう真冬の景色が広がっていました。ここまで冷え込む
のは例年に比べて2週間くらい早いですね。でも、この時期にはあまり人もい
ないおかげでゆっくりと撮影することができました。最近は年末年始のあたり
に冷え込みのピークをむかえることが多かったのですが、このままいったらそ
のころはどんな気温になるのでしょう? マイナス35℃くらい??